使用楽器

Instrument
ここでは、私の使用楽器について説明いたします。
まずは、ギターから。
60年代のフローレンタインカッタウェイ
もう、15年以上も使ってるんですよ。。。。
Gibson L-5 CES 1968Gibson L-5 CES 1968

 

 

ギターアンプはこちら!
ローランド JC-77   実はこれ2台目w
たくさんのアンプを使ってきましたが、重すぎずパワーもあって、見た目もそこそこ。
最近は良いアンプも出ているのでしょうけど、使い勝手がいいのでこれを使用。


Roland JAZZ CHORUS-77

 

 

ギター弦はこちら!
THOMASTIK.012-.050
1~2弦に対して3~6弦が細めに作られており、アンプを通した時のバランスの良さは、ピカイチ!


TOMASTIK-INFELD JS112

 

 

ピックはこちら!
JIM DUNROP JAZZⅢ ULTEX
メロディー弾きの時の、音の立ち上がりがとても早いです。
滑りにくく、サイズ的にも私にちょうどいい。


JIM DUNROP JAZZIII ULTEX

 

 

シールドはこちら!
PROVIDENCEの。。。型番が擦り切れて不明ですw
安定感があるので、最近は気がつけばこれを使用していることが多くなってます。
もう少し、ダイレクトなサウンドでも良いかなぁと思ったりもしますが。。。


PROVIDENCE

 

最後はギグバッグなんかも、紹介して見ましょう。
L-5の為に作られたのではないか?と思うほどぴったりです。
セミハードケースはこれで決まり!


HOSCO ( ホスコ ) / AC-0717

現在は、大体このような機材を使っております。

演奏場所によって響き方が違ったり、アンプをお借りしたり、共演者によってセッティングを変えたりしますので、安定した音作りは非常に難しいです。

しかし、これもジャズギターの醍醐味だと思っております。

今後も、マイナーチェンジを繰り返し、良い音の追求をしていきます。